バリューアップコンサルティング

サービス概要

for EXIT企業にはCFOの介在が一般的ではありますが、シード期、アーリー期の企業には不在であることがしばしばあります。創業間もないスタートアップ企業に投資やリソースを提供するVC、CVC、エンジェル投資家は多くありません。それを勝ち取るためにはビジネスモデルが秀逸であることだけでなく経営者の魅力などの定性面も重要です。

CFO trustではシード、アーリー期の企業の定量面にコミットし、投資家の方々が、創業間もない企業でも安心して時間と資金の投資が出来る環境を実現します。

一般的な企業ステージ

Seed (シード期)

シード期とは、スタートアップにおける成長ステージの区分のうち、会社設立前後の段階をさします。シード期の企業の多くは、プロダクトのリリースに向けた準備段階にあるため多額の資金は求められません。しかし、市場調査、開発費、人件費など最低限のコストのために、事業開始前の段階とはいえ、資金調達を必要とするケースがあります。

必要とされるサポート例
資金調達  1000万~5000万
・エクイティファイナンス
・金融機関による創業融資
事業計画・収益計画立案作成 税務顧問助成金・補助金提案EXIT戦略立案マーケティングフォロー

一般的な企業ステージ

Early (アーリー期)

アーリー期では、PMF(Product Market Fit:顧客の課題を満足させる製品を提供し、それが適切な市場に受け入れられている状態)の達成による収益化を目指している状態にあり、達成までの間は戦略的に赤字計上するケースが多く見られます。そのため、本格的な資金調達が必須となり、ブレイクスルーの初期段階とも言えます。

必要とされるサポート例
資金調達  5000万~数億
・エクイティファイナンス
・金融機関によるプロパー融資
事業計画・収益計画立案作成 税務顧問助成金・補助金提案財務戦略立案社内生産性管理簡易デューデリジェンス作成マーケティングフォロー

一般的な企業ステージ

Middle (ミドル期)

ミドル期では、前段階であるアーリー期に比べ、安定的な収益を生み出しており、事業規模の拡大が期待できる状態にあるのが一般的です。それに伴い、明確な人員増を見込むため、資金調達の規模も拡大します。

必要とされるサポート例
資金調達  数億~数十億
・エクイティファイナンス
・金融機関によるプロパー融資
事業計画・収益計画立案作成 財務戦略立案社内生産性管理マーケティングフォロー労務体制フォロー

一般的な企業ステージ

エンディング

CFO trustではレイター期以前の段階で提携先IPO、M&Aコンサルティング企業へのブリッジを行っております。
「最後の詰め」と呼ばれる業務には、絶対的な経験値が必要です。最後まで走り切って頂きたいという想いから、このブリッジサポートが我々の最終ミッションだと考えております。

CFO trustでは お客様にCFOという存在をより身近に感じて頂くために サポート内容の設計はお客様と一緒に構築し 1時間単位からサポート可能となっております。 お客様にCFOという存在をより身近に感じて頂くために サポート内容の設計はお客様と一緒に構築し 1時間単位からサポート可能となっております。